人を喜ばせられる仕事がしたいと考えていた私にとって、人と人を繋ぐ架け橋になれることは魅力的でした。

人事スタッフ 
新卒入社 
R・Yさん

ツナグの魅力は人の良さ。評判以上だと感じました。

 ツナグ・ソリューションズに新卒採用されて4年が経ちました。人と関わる仕事、人を喜ばせられる仕事がしたいという思いがあり、就職活動ではブライダル、アパレル、メーカー、航空など様々な業界を受けましたが、人材業界はツナグ・ソリューションズのみでした。就職活動で強く印象に残っているのが、ツナグ・ソリューションズの説明会に参加したときのこと。受付で社員の方から「こんにちは!」と、爽やかに挨拶をしていただき、なんて気持ちの良い会社だろうと思ったことを覚えています。
 人間関係の良さが魅力の企業というツナグ・ソリューションズの評判は聞いていたのですが、実際に社員の方と接してみて、とても挨拶を大事にされている印象を受けました。「挨拶より大事な仕事はない」という社長米田の言葉があるのですが、この想いを社員全員がしっかり理解しているんですね。私自身は入社後にこの言葉を知ったのですが、本当に胸に響く良い言葉だと思います。
 ツナグ・ソリューションズでは誰でも当たり前のように挨拶を交わしますが、大学時代の友達に聞くと、会釈さえもしない会社が結構あって、そういった話を聞くたびにツナグ・ソリューションズを選んで良かったなと思います。先輩スタッフも同期スタッフも気持ちの優しい人たちばかりで、人間関係の良さが本当に素晴らしい。人間関係の魅力は評判通りではなくて、評判以上だなと入社後に感じたほどです。
 もちろん、人の魅力だけではなく、ツナグ・ソリューションズの事業にも大きな魅力を感じていました。特にインパクトを受けたのが、「アルバイトをヒーローにする仕事」という、ツナグ・ソリューションズの事業に対する想い。アルバイト・パート人材を専門にしたコンサル会社という珍しさもありましたが、アルバイト・パートスタッフにコンサル会社として光を当て、生き生きと働いていただくという事業にとても惹かれました。
 人を喜ばせられる仕事がしたいと思っていた私にとっては、面と向かってではないが、人と人を繋ぐ架け橋になれるとことは人を喜ばせられるのではないかと感じ、入社を決意いたしました。

キャリアのスタートは新卒・中途領域。責任のある仕事を任せてもらいました。

 ツナグ・ソリューションズの新卒採用では、事務職へ応募しました。内定をいただき、1月から内定者アルバイトとして働いてきました。入社前はアルバイト・パート部門で、内定者アルバイトとして働いておりましたが、配属先は新卒・中途領域となりました。就職活動で面接を受けていた時から新卒・中途領域に興味があったので、配属がわかった時は嬉しかったです。
 新卒・中途領域の採用代行スタッフにとって、お客様は企業の人事・採用担当の方になります。新卒であればナビサイトを使って、企業様に代わって説明会の案内をしたり、面接の設定を行います。新卒採用対象の学生さんからメールや電話で問い合わせがあれば、それに対しての応対をします。新卒の学生さんにとっては、人事の方とやり取りしている感覚ですから、採用代行スタッフの責任は重大です。
 人事の方に代わって、その企業としての応対をするわけですから、常にその自覚と責任は意識しています。責任の重さを考えると、応対時にはドキドキすることも多いのですが、入社1年目からこうした責任のある採用代行業務を任せてもらえることに感謝しています。新卒の学生さんへの応対、お客様である企業の人事・採用担当の方からの問い合わせ、さらには会社の中でのさまざまな業務。
 同時に起きると、なにから手をつければよいのか分からなくなってしまうこともあるのですが、そのときはあらためて、新卒の学生さんへの対応が最優先だと思い直します。これはどの採用代行スタッフもそうですが、メールや電話での学生さんの温度感にとても敏感になります。“熱”が伝わってくる問い合わせであれば、なにを置いても最優先で対応するようにしています。

担当者様の期待感に、身の引き締まる思い。

 学生さんに企業への興味を少しでも持っていただけるように、私なりのアプローチも行っています。例えばメールを送る際の件名ひとつ取っても、学生さんが興味を持ちやすいキャッチフレーズを考えて入れています。企業の社長様が説明会に来ると分かれば、「トップセミナー」という言葉を入れたり、あまり頻繁にメールを送っても効果が薄くなるので、頃合を見て送ったり、予約状況を見て送ったりしています。
 もちろん、メールの中身が大事なのですが、学生さんに読んでみようかなと思っていただくことが重要なので、特にメールの件名には工夫しています。「残席わずか!」「日程間近!」なんて書くと、やっぱり反応が良い気がします(笑)。あと少しという切迫感が響くんでしょうね。自分も少し前に就職活動を経験しているので、なんとなく学生さんの気になるフレーズは分かるんです。
 採用代行の仕事をしていて、もっとも達成感を感じるのが、企業の人事・採用担当者から「内定者が出ました」という報告をいただいたときです。“自分の関わってきた仕事で、人と企業をつなげられた”という思いがジワジワと広がってきて、やっぱり嬉しいですね。それに、企業の担当の方から、こうした報告を直接いただけたということにも喜びを感じます。
 コンサルに同行して、担当の企業様に伺うこともございますが、お客様がコンサルの提案のどの部分に期待感を持たれているのか、また、今後の方向性などを感じるためにも、お客様とお会いしてお話することも大事だと思っています。コンサルと一緒に採用代行の仕事内容を説明した際に、「それは助かるなぁ。本当に頼りにしています」と、ホッとした様子の採用担当の方の表情を見たときには、大きな期待を掛けていただけていると、身の引き締まる思いを感じました。

支えてくれた同期のみんな。
素晴らしい仲間に出会えました。

 実際に社会に出てみると、学生時代には分からなかった難しさを感じる場面もあります。例えば言葉のキャッチボール。お客様だけではなく社内でもそうですが、特にメールなどで自分が伝えたつもりのことが、相手にしっかり伝わっていないケースが多々あります。自分の言葉にもっともっと責任を持たなければいけないと、痛感しています。
 入社してから、嬉しいことも大変なこともありましたが、常に支えになってくれたのが同期の存在でした。入社1年目の頃は、東京本社では私を含め4人、東北支社に3人の同期がいるのですが、東京メンバーで集まって飲みに行ったりもしていました。今は違う道に進んでしまった同期もいますが、拠点が離れていても他の道を選んだとしても同期であることは変わらないので、同期が頑張っていると思えば、自分も頑張らなきゃという気持ちになります。
 ツナグ・ソリューションズに採用代行スタッフとして新卒で入社し、新卒・中途領域のみでなく、アルバイト・パート領域、新規事業にも携わり、そして現在は人事として働いています。採用代行スタッフは他の企業様の人事・採用担当の一員として働いていましたが、自社の人事として社内の人の為に働こうと思っています。今後どのようなキャリアを歩んだとしても、大学時代の就職活動時に思っていた「人を喜ばせられる仕事がしたい」という気持ちを忘れずに自分のキャリアを築いていきたいです。